整形外科・スポーツ整形外科外来担当医師

古府照男

古府 照男(ふるふ てるお)医師

管理医師の古府です。
長年、アキレス腱断裂の保存療法に取り組んできました。
当クリニックで使用する脚部固定の装具は、単なるギプスのようなものではありません。
治療の進展に合わせて角度を調整できる、保存療法向けの専用装具を使用いたします。
また、スピーディーで、適切な診察を心がけております。

スポーツによるケガや慢性的な痛みの患者さまを対象とします。

診療の特徴として、リハビリでのストレッチや筋力トレーニングによる保存的治療を積極的に行います。多くの方がこのような運動療法で症状を軽快させることができます。

スポーツによる怪我、慢性的な関節や腕や足の痛みなどスポーツを行う上での障害でお困りの方は気兼ねなく相談して下さい。

スポーツによる障害、ケガ

スポーツ障害は「使いすぎ症候群(オーバーユース)」と言われ、身体を過度に使うことで発生する疾患と言っていいと思います。繰り返しの運動による筋肉や 骨への疲労やストレスは思っている以上に体に負担をかけているのです。特にスポーツ選手(プロアマ問わず)は練習を休めなかったり、試合があるからといっ て痛みを我慢し更に激しい運動をして体をいじめてしまうことも多々あるので、このスポーツ障害による症状をいつもどこかに抱えながら練習したり試合に出た りすることも少なくありません。このようなスポーツへの熱心さが、逆にスポーツ障害を起こす原因となっているのとも言えるわけです。しかし、選手たちに とっては少々の痛み(時には強い痛みの場合もありますが)で練習を休んでしまうと試合に出られなかったり、レギュラーから外されたり、チームに迷惑をかけ てしまう…など様々な要因から、「そう簡単には休養を取れない」ということもとよくありますので、そういったスポーツ選手たちの環境や気持ちを私たちクリ ニック側も十分理解して上で治療をしていくのがスポーツ整形外来なのです。

スポーツ整形外来を受診される患者さんには、社会人の方、大学生、中高生の部活やクラブでスポーツをなさっている方はもちろん、中高年の方のゴルフやラン ニング、スポーツジム通いをしていてスポーツ障害やけがをしてしまったという方もいらっしゃいます。スポーツによるけがやスポーツ障害でお困りの方はどう ぞお気軽にご相談下さい。

膝前十字靭帯損傷を中心とした膝不安定症や、膝半月板損傷などの膝スポーツ障害に対して、身体所見による評価を行います。

保存的加療として、リハビリによる筋力訓練、ストレッチ指導、投薬、装具治療を行います。

手術加療が必要な場合は関連病院への紹介をしております。

野球肩、野球肘の加療を行っており、投球動作指導等を行います。

その他スポーツによる疲労骨折、足関節不安定症、アキレス腱炎などの加療を行っております。

競技では、バスケットボール、サッカー、野球、アメリカンフットボールを中心に診ていますが、他の種目でも対応いたします。

スポーツ障害、ケガでよくみられる疾患

頸椎、腰椎

頸椎椎間板ヘルニア、頸椎椎間板障害、胸郭出口症候群、筋筋膜性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、仙腸関節炎、疲労骨折

肩関節

腱板損傷・断裂、肩関節脱臼、投球障害肩、石灰沈着性腱板炎、肩甲上神経麻痺、肩峰下インピンジメント症候群、肩関節多方向不安定症、肩鎖関節脱臼、上腕二頭筋長頭腱炎

膝関節・下肢

前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷、内側側副靭帯損傷、外側側副靱帯損傷、離断性骨軟骨炎、半月板損傷、オスグッド病、ジャンパー膝、ランナー膝、滑膜ひだ障害、疲労骨折(脛骨・腓骨)シンスプリント、膝蓋骨亜脱臼(内側膝蓋支帯損傷)、大腿、下腿肉離れ

手、肘関節

突き指、手指剥離骨折、三角線維軟骨複合体損傷、手根骨疲労骨折、手根管症候群、野球肘障害(内側上顆骨軟骨症、離断性骨軟骨症)、後方型野球肘障害(肘 頭疲労骨折、後方インピンジメント)、内側側副靭帯損傷、外側側副靱帯損傷、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)、ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)、肘部管症候 群、肘関節脱臼、肘関節滑膜ひだ障害、上腕二頭筋腱断裂

足関節、足部

扁平足(アーチ障害)、足関節捻挫、足関節不安定症、リスフラン靭帯損傷、離断性骨軟骨症フットボーラーズアンクル、三角骨障 害、アキレス腱断裂、アキレス腱付着部炎、セーバー病、外脛骨障害、足部及び足関節疲労骨折、足根洞症候群、腓骨筋腱脱臼、踵骨後滑液包炎、足底腱膜炎、 種子骨障害、疲労骨折裂

股関節

股関節離断性骨軟骨炎、関節唇損傷、鼠径部痛(グロインペイン)症候群、弾発股、股関節関節内遊離体、骨盤疲労骨折、内転筋損傷