整形外科外来担当医師

古府照男

医師 古府照男

月曜、火曜、水曜、木曜、金曜日に診察をしています。

管理医師の古府照男です。

長年、アキレス腱断裂の保存療法に取り組んできました。

当クリニックで使用する脚部固定の装具は、単なるギプスのようなものではありません。

治療の進展に合わせて角度を調整できる、保存療法向けの専用装具を使用いたします。

また、スピーディーで、適切な診察を心がけております。

整形外科について

腰痛、首・肩・ひざの痛み、手足のしびれ、骨折、捻挫などのけが、スポーツ障害、けんしょう炎、ばね指、骨粗しょう症などに対応します。

先天性股関節脱臼、内反足、斜頸などの小児整形外科疾患もお気軽にご相談ください。

変形性膝関節症

「関節」とは、骨と骨のつなぎ目のことを言います。
私たちが体を自在に曲げ伸ばしできるのは、このおかげです。
かたい骨同士が直接ぶつからないように、骨と骨が接する部分は、クッションの役割を果たす関節軟骨で覆われています。この軟骨の表面は非常に滑らかなため、腕や足などをスムーズに動かすことができます。

つなぎ目全体は関節包という袋状の組織に包まれています。
この関節包の内側には滑膜があり、関節が動くときに潤滑油の役割を果たす滑液を分泌しています。

変形性関節症は、これら関節軟骨や滑膜などに何らかの問題が生じ、本来の機能を果たせなくなった時に“痛み”などの症状が現れます。
立つ、座る、歩くなど、日常の動作で膝は休むことなく働いています。
また、歩行時には体重の2~3倍の荷重がかかるなど、体重による負担も大きいです。

つまり、こうした負担が長年積み重ねることにより、タイヤがすり減るように関節軟骨がすり減ってしまい、その結果、関節軟骨のクッションが弱まるため、膝を動かしたときに違和感や痛みを感じるようになるのです。

変形性関節症

治療法

関節注射(ヒアルロン酸)
関節の動きを滑らかにする潤滑剤のようなお薬を膝関節に注射します。
リハビリ治療
膝の関節やその周りの筋肉などのコンディションを整えるための電気治療や温熱治療、関節可動域訓練などを行います。
薬物療法
必要に応じ、消炎鎮痛剤などを処方します。
装具療法
膝のサポーターや足底板などの装具を利用することで膝への負担が軽くなります。
おうちで出来る治療

普段の生活の中で膝に負担のかかっている動作などを減らせないか、生活習慣を見直してみましょう。長時間の正座、長距離を歩く、などは膝に負担がかかります。

また、足が冷えたりしていないか、急に膝に負担のかかるような動作をしてしまっていないか、などもチェックポイントです。他にも体重のコントロールなどとても大切です。

自分で積極的にできることとして、足の筋力をつけるなどがあります。
大腿四頭筋(太ももの前側に筋肉)を鍛えると、それが膝関節をしっかり支えてくれるので膝への負担を軽くすることでできます。(あおむけで寝たまま、かかとを10cmほど挙げて5秒間保持する運動(SLR)やプールでのウォーキングなどがお勧めです)

スポーツ障害・スポーツ外傷

スポーツ障害は「使いすぎ症候群(オーバーユース)」と言われ、身体を過度に使うことで発生する疾患と言っていいと思います。
繰り返しの運動による筋肉や 骨への疲労やストレスは思っている以上に体に負担をかけているのです。
特にスポーツ選手(プロアマ問わず)は練習を休めなかったり、試合があるからといっ て痛みを我慢し更に激しい運動をして体をいじめてしまうことも多々あるので、このスポーツ障害による症状をいつもどこかに抱えながら練習したり試合に出たりすることも少なくありません。
このようなスポーツへの熱心さが、逆にスポーツ障害を起こす原因となっているのとも言えるわけです。しかし、選手たちに とっては少々の痛み(時には強い痛みの場合もありますが)で練習を休んでしまうと試合に出られなかったり、レギュラーから外されたり、チームに迷惑をかけ てしまう…など様々な要因から、「そう簡単には休養を取れない」ということもとよくありますので、そういったスポーツ選手たちの環境や気持ちを私たちクリ ニック側も十分理解して上で治療をしていくのがスポーツ整形外来なのです。

スポーツ整形外来を受診される患者さんには、社会人の方、大学生、中高生の部活やクラブでスポーツをなさっている方はもちろん、中高年の方のゴルフやランニング、スポーツジム通いをしていてスポーツ障害やけがをしてしまったという方もいらっしゃいます。
スポーツによるけがやスポーツ障害でお困りの方はどうぞお気軽にご相談下さい。

膝前十字靭帯損傷を中心とした膝不安定症や、膝半月板損傷などの膝スポーツ障害に対して、身体所見による評価を行います。
保存的加療として、リハビリによる筋力訓練、ストレッチ指導、投薬を行います。

手術加療が必要な場合は関連病院への紹介をしております。
野球肩、野球肘の加療を行っており、投球動作指導等を行います。

その他スポーツによる疲労骨折、足関節不安定症、アキレス腱炎などの加療を行っております。
競技では、バスケットボール、サッカー、野球、アメリカンフットボールを中心に診ていますが、他の種目でも対応いたします。

スポーツ障害の例

疲労骨折

通常、健康な方の場合、骨折は過度の外力がかからない限り起こることはありません。
しかし、体のある同一部位に長期間繰り返しの負担がかかることで骨の組織が破壊されることがあります。つまり疲労骨折とは、同じ動作を繰り返し継続することによって起こる骨折です。

疲労骨折が起こりやすい部位 起こしやすいスポーツ、運動
肋骨(脇腹ら背中) ゴルフスウィング
脛骨(足のすねの部分) バレーボールやバスケットボール、ジャンプ
中足骨(足の甲の部分) マラソン、ランニングなどの長距離走行
腰椎(腰) テニスや野球、その他のスポーツ
野球肩、野球肘

投球動作の繰り返しなどにより、肩関節や肘関節に過度の負担がかかり痛みが発生します。
繰り返しの動作により過度に骨同士がぶつかり合ったり、軟骨が擦れ合ったりして炎症を起こします。
症状がひどくなると投球動作ができなくなります。

テニス肘

上腕骨外側上顆炎とも呼ばれます。手や手首の使いすぎによって、肘の周囲に痛みの症状が出ます。
テニスでのバックハンドショットのし過ぎによって起こすことが多いことからテニス肘と呼ばれていますが、テニス選手だけでなく手をよく使う仕事をしている人にも起こります。ひどくなると日常動作(ぞうきんをしぼる動作、ドアノブをまわす動作、手さげバックを持つ動作など)でも痛みを生じます。

膝の障害

過度のランニングや反復のジャンプのし過ぎによって起こる膝の障害です。
膝の外側や膝蓋骨(膝のお皿)の下の部分によく痛みの症状が出ます。
オスグッド・シュラッター病、膝蓋靭帯炎、腸脛靭帯炎、ジャンパー膝などが代表的な膝のスポーツ障害です。

アキレス腱炎

アキレス腱は、足のふくらはぎの筋肉が細い健に移行し踵(かかと)の部分にくっ付いた部分を言います。
特にランニングなどの継続的なトレーニングによってこのアキレス腱に過度の刺激が加わり痛みや腫れなどの症状を起こします。

頸椎、腰椎

頸椎椎間板ヘルニア、頸椎椎間板障害、胸郭出口症候群、筋筋膜性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、仙腸関節炎、疲労骨折

肩関節

腱板損傷・断裂、肩関節脱臼、投球障害肩、石灰沈着性腱板炎、肩甲上神経麻痺、肩峰下インピンジメント症候群、肩関節多方向不安定症、肩鎖関節脱臼、上腕二頭筋長頭腱炎

膝関節・下肢

前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷、内側側副靭帯損傷、外側側副靱帯損傷、離断性骨軟骨炎、半月板損傷、オスグッド病、ジャンパー膝、ランナー膝、滑膜ひだ障害、疲労骨折(脛骨・腓骨)シンスプリント、膝蓋骨亜脱臼(内側膝蓋支帯損傷)、大腿、下腿肉離れ

手、肘関節

突き指、手指剥離骨折、三角線維軟骨複合体損傷、手根骨疲労骨折、手根管症候群、野球肘障害(内側上顆骨軟骨症、離断性骨軟骨症)、後方型野球肘障害(肘頭疲労骨折、後方インピンジメント)、内側側副靭帯損傷、外側側副靱帯損傷、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)、ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)、肘部管症候群、肘関節脱臼、肘関節滑膜ひだ障害、上腕二頭筋腱断裂

足関節、足部

扁平足(アーチ障害)、足関節捻挫、足関節不安定症、リスフラン靭帯損傷、離断性骨軟骨症フットボーラーズアンクル、三角骨障害、アキレス腱断裂、アキレス腱付着部炎、セーバー病、外脛骨障害、足部及び足関節疲労骨折、足根洞症候群、腓骨筋腱脱臼、踵骨後滑液包炎、足底腱膜炎、種子骨障害、疲労骨折

股関節

股関節離断性骨軟骨炎、関節唇損傷、鼠径部痛(グロインペイン)症候群、弾発股、股関節関節内遊離体、骨盤疲労骨折、内転筋損傷