内科担当医

小宮医師

内科 小宮医師

診察日

月、水

資格等

血液内科専門医、日本内科学会認定医、日本プライマリ・ケア連合会認定医・指導医、日本禁煙学会認定医、産業医

緊急の対応から、健康診断の結果についての相談まで、幅広く行っております。
必要であれば、専門医にご紹介いたします。患者様に寄り添った、丁寧な診療を心がけています。

当院の内科診療

当院内科での主な診療としては風邪診療、発熱、頭痛、動悸、めまい、腹痛、下痢等の症状を有する患者様の初期診療を行う他、高血圧症、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症(痛風)などの慢性疾患を継続的に診療しております。

脳梗塞、認知症等の中枢神経疾患、不整脈や心不全などの心疾患、慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息などの呼吸器疾患、胃潰瘍、逆流性食道炎などの消化器疾患、貧血などの血液疾患、腎不全などの腎疾患、他を対象に数名の内科医師(常勤・非常勤医師対応)で幅広く対応致しております。
漢方治療、花粉症治療、アレルギー性疾患も取り扱います。

特殊外来として睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来禁煙治療(保険診療)、AGA(男性型脱毛症)外来(自費)も行っております。
これら症状以外にも、原因がはっきりわからず、苦しんでいる方は、お気軽にご相談ください。

健康診断はもちろん、他院で健康診断を受けて問題があった方も、直接ご相談にいらしてください。
入院加療、転院が必要な場合は、関連病院やご希望する医療機関と連携して紹介させていただいております。

当院では何でもまず対応する総合診療を展開いたしております。
地域医療に貢献できるクリニックにする為に、日々努力をしています。
どんな小さな不安や心配事も丁寧に聞いて診察を行い、診断・治療のできる・・・。
そんな医療を提供できる事を目標にしています。

メタボリックシンドローム

お腹がぽっこりとなる内臓脂肪型肥満(内臓に脂肪が蓄積した肥満)に加え、高脂血症、高血圧、高血糖などの危険因子を併せ持つ状態を、メタボリックシンドロームといいます。

これらの危険因子が重なり合っている場合、それぞれが軽度であっても、動脈硬化が進んで、狭心症や心筋梗塞、また脳梗塞などを発生する確率が高くなるといわれています。

ですからウエスト周りを気にしながら、まだ軽度なうちに肥満の改善と合わせてこれらの危険因子を取り除いていくことがたいへん重要なのです。

メタボリックシンドロームの診断基準

内臓脂肪の蓄積がある
おへその位置で、ウエスト周りが男性で85cm以上、 女性で90cm以上ある。
高脂血症
中性脂肪値が、150mg/dl以上、HDLコレステロール値が、40mg/dl未満。
これらの一方あるいは両方に当てはまる。
高血圧
中性脂肪値が、150mg/dl以上、HDLコレステロール値が、40mg/dl未満。
これらの一方あるいは両方に当てはまる。
高血糖
空腹時の血糖値が110mg/dl以上

上記1に加えて、2、3、4のうち、2項目以上に当てはまると、メタボリックシンドロームと診断され、 動脈硬化から心筋梗塞や脳梗塞になる危険性が非常に高くなります。